スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[タグ未指定]

Levon & The Hawks/Port Dover 1964/1964年7月12日ポート・ドーヴァー 

hawks_port_f_201411081432402a3.jpg

リヴォン・アンド・ザ・ホークスのレアなライブ音源。


ザ・バンドがホークスとしてボブ・ディランのバックにつき、一躍有名になったことは有名な話。しかしそれ以前、カナダを活躍の地に選んだアメリカ、アーカンソー州出身のシンガー、ロニー・ホーキンスのバンドとしてカナダ中を転々としていた頃のことはそれほど知られてはいないのではないでしょうか。

その後独立したグループとして、自分たちだけの力でやっていくことを望んでいたグループはロニー・ホーキンスと別れ、年長者のリヴォン・ヘルムをリーダーにリヴォン・アンド・ザ・ホークスとして活動。しかし望みをかけたニューヨークでの契約に失敗し、再びクラブなどドサ周りを続けていました。

リヴォンの伝記によると、カナダはオンタリオ州、エリー湖のほとりに位置するポート・ドーヴァーの「ポップ・アイヴィーズ」では毎週日曜の夜に250ドルのギャラで演奏していたとのこと。そんな当時の、若いメンバーたちの迸る熱気が伝わってくる演奏の録音が残されています。しかも音質には難ありですが、何とサウンドボード録音。

毎曲間だけでなく曲中のカットや音質の劣化が激しい音源で、お世辞にも音質が良いとは言えませんが、ロック史上重要な位置を占めるバンドの歴史的音源として、一聴の価値あり。


レイ・チャールズチャック・ベリージェイムズ・ブラウンなどのカバーにロニー・ホーキンス時代のレパートリーも加えた、ブルース、R&B、ロックンロール、ソウルなどを極めた演奏を聴かせてくれます。

続きはこちら>>
スポンサーサイト

The Band/Syria Mosque 1970/1970年11月1日ピッツバーグ公演 

CIMG4994.jpg

ホーンはなし、ディランもいない、ザ・バンドの5人だけによる、絶頂期のライブ。

1970年のザ・バンドといえばこれまではハリウッド・ボウルでしたが、新たな定番の登場ではないでしょうか。

ザ・バンド初期のサウンドボード音源は少ない。こちらのピッツバーグ公演に関しても、以前は曲数が足りないままCD-Rなどで流通していましたが、昨年アンコールのSlippin' And Slidin'までを含む残りの部分が発掘され、しばらくして西新宿でプレス盤が登場しました。最初はレーベル名なし(Light House系)「Live 1970」が発売されましたが、去年末辺りからBlind Faithに本番が置かれるようになりました。レーベル名なしの方は確認していませんが、本盤はそちらのコピーと思われます。 

続きはこちら>>

The Band/"Palladium New York 9-18-76 WBCN Broadcast"/1976年9月18日ニューヨーク公演 

91176palladium.jpg


以前こちらで書いた音源の元のソースを入手したので紹介します。

1976年9月18日、ニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージック(Academy Of Music)がパレイディアム(Palladium)として改修後、初公演をザ・バンドが担うことになり、その公演は複数のラジオ局で放送されたようです。

その放送を録音した音源が"Take A Load For Free"の元となっていましたが、Acadian Driftwood、Forbidden Fruit、Life Is A Carnivalの3曲にテープチェンジの為か、カット/リピートがあったのが難点でした。

しかし先日DIME上でWNEW、WBCNの2つのラジオ局で放送された音源を発見
続きはこちら>>

The Band/新映像発掘!?/1971年5月25日パリ公演 

良い記事と思ったらクリックお願いします!励みになります。


YouTubeでこんな映像を見つけました。beatlegのザ・バンド特集には載っていませんでしたが、ファンの方はもうご存じなのでしょうか。



ザ・バンド、1971年5月25日、フランスはパリのオランピア劇場(L'Olympia)でのライブとのクレジット。
大好きなリトル・リチャードのカバー、Slippin' And Slidin'。






動画の説明欄には、6月12日にフランスのテレビ番組で放送されたとのこと。YouTube上にこれ以外の映像はなく、あるのはAMラジオからの録音のみ。全9曲と少なく、音質はおよそ聴けたものではありません。しかしザ・バンド公式サイトに転載されていた、6月5日付のメロディー・メーカー(Melody Maker)誌に掲載されたコンサートのレビューには、アリフレックス(Arriflex、アーノルド&リヒター社製映画用カメラ)を持った2名がステージ上を動き回っていてバンドの邪魔をしている、との記述があることから、少なくとも今回の映像と同等の音質/画質の、コンサートの大部分を映したものが存在しそうな予感。


AMラジオからの録音と思われる音源はこちら。




1971年の春、5月から6月にかけてザ・バンドは初となる春のヨーロッパに出かけます。リヴォンはドイツからパリへ向かう際、ポルシェ911に乗ってアウトバーンを105マイル(時速約169キロ)で飛ばして行ったようです。そしたら警察のベンツに130マイル(時速約209キロ!)で追い抜かれたとか。笑

このツアーの最終公演は6月2日に予定され、あまりにも売れすぎて3日にも公演が追加されたロンドンのロイヤル・アルバート・ホール公演ですが、リヴォンの伝記によると、「天地がひっくりかえったような騒ぎだった」とのこと。こちらの公演は公式にマルチトラックで録音されたらしく、オフィシャルのThe Band: A Musical Historyに僅か3曲(Strawberry Wine、Rockin' Chair、Look Out Cleveland)ながら収録されています。パリ公演と合わせて全曲聴きたいですねー。





参考文献

ザ・バンド公式サイトより。メロディー・メーカー誌に掲載された、オランピア劇場でのライブのレビュー。英語
http://theband.hiof.no/articles/mm71_paris.html



The Band/Across The Great New Jersey/1973年7月31日&8月1日ニュージャージー公演 

across the great new jersey front

1973年7月31日と8月1日のニュージャージー州、ルーズベルト・スタジアム公演をサウンドボードで収録したブート。
ザ・バンドのキャリア上最も長かった空白期間における単発のライブ。めずらしくジャムをやったり、同時期レコーディング中だったカバー・アルバム「ムーンドッグ・マチネー」の曲を取り入れたセットリストが特徴の公演。リチャード・マニュエルの喉が荒れ始める前の最後の時期。


頂点を極めて


1973年はザ・バンドの活動における停滞期だったようです。
「ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク」、「ザ・バンド」、「ステージ・フライト」、「カフーツ」と4作のスタジオアルバムを発表してきたザ・バンド。1971年9月に「カフーツ」が発売されてから行われたツアーの締めくくりとして、ニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージックで大晦日にかけての3日間のコンサートが録音され、ライブ盤「ロック・オブ・エイジス」として形になったところで、ザ・バンドは一度長期に及ぶ休暇を録ることになります。著書にて、ツアーに出発する前にロビーが発した言葉をリヴォンは回想しています。


ロビー「ひとつの時代が終わった、そうじゃないか?」

続きはこちら>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。