スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[タグ未指定]

Led Zeppelin/Orlando Magic//1971年8月31日オーランド公演 

写真 (23)



近年突如としてEmpress Valleyレーベルからリリースされたサウンドボード音源。

1971年の公演でサウンドボードの存在が知られているのは4月1日のロンドン公演(BBC)、9月4日のトロント公演(StairwayからMoby Dickまでの6曲のみ)、9月9日のハンプトン公演の3つだけだったところに発掘されたので(大阪公演の音源ををSBDとすれば4つ)、ファンからすれば一大事だったでしょう。

Empress Valleyが発売したのはFlorida Sunshine/Orlando Magicと2つ名前がある奇妙なブートで、初回版はLPサイズのオーディエンス録音のみのディスクも入った4CD仕様。「燃えろレッドツェッペリン!」と旧い書体で書かれた帯が付いており、ファンが喜びそうなツボ押さえてます。「カリフォルニアを超えた!」とバークレー公演を収録した名盤Going to Californiaを挑発するうたい文句は相当な自信の表れでしょうか。

続きはこちら>>
スポンサーサイト

Led Zeppelin/Hampton Roads Coliseum 1971/1971年9月9日ハンプトン公演 




ブートレグがCD時代に突入して間もなく発掘されたハンプトン公演。

ファンには1971年の数少ないサウンドボードとして馴染みのある音源であり、入手し易いということもあって、定番と言われています。

当初からほぼ完全な形で出回っていたので、数多のレーベルから出されているにも関わらず、あまりブート間で違いがないのも事実。

Immigrant songの歌詞の途中から始まり、Moby Dickまでしか収録されていないので、コンサート終盤のWhole lotta love~アンコールが聞けないのが残念!オーディエンスソースも存在しない為、ハンプトン公演はこの形でしか聞けません。

収録曲は以下の通り


Immigrant Song (カットイン)
Heartbreaker
Since I've Been Loving You
Black Dog
Dazed & Confused (曲中カット有り)
Stairway To Heaven
Celebration Day
That's The Way
Going To California
What Is And What Should Never Be
Moby Dick (曲終りにカット有り)


続きはこちら>>

Led Zeppelin/Going to California/1971年9月14日バークレー公演 

GC01



アナログ時代からGoing to Californiaというタイトルで有名なバークレー公演。

録音はTrade Mark of Quality(TMOQ)というブート黎明期の名レーベルによる仕事で、
CD時代になってからも、マスターテープが発掘されていない為未だにレコードからの針起こしブートしか存在しないという代物。

おまけにこの公演、このTMOQソース以外の録音は存在しない為、アナログ盤の収録時間の制約上カットされた(かも知れない)曲や、テープが切れている部分はそのまま。ただ幸いなことに、コンサートの大まかな流れは充分に捉えたセットリストになっており、いくつか曲中にカットなどはあるものの、一つのソースでスカッと最後まで聞ける聴きやすいブートだと思います。

そして何といってもウィリアム・スタウト(William Stout)によるこのジャケ。
ダンボにゼップのメンバーが乗っている何とも可愛らしい姿はコレクターにとっても嬉しいもの。

スタウトはTMOQレーベルに数多くのイラストを残しており、Zepではこの他にも1972年ロサンゼルス公演(Burn Like a Candle)、1973年ロサンゼルス公演(Bonzo's Birthday Party)、そしてBBC用の録音となった1971年4月1日ロンドン公演(The Historic B.B.C. Presentation Of Led Zeppelin)のブートが有名。

続きはこちら>>

Led Zeppelin/Flying Rock Carnival 1971 Complete/1971年9月23日東京公演 

初めて購入したゼップブートがこれ。

FRCcover


当時(08年夏頃)既にブートに手を出してはいたものの、ツェッペリンブートは高額で絶対に手をだすまいと思ってました。そもそもそこまでゼップ好きという訳でもなかったし。

しかしこの音源をYouTubeで聞いた瞬間、そのあまりのパワーにぶっ飛んでしまったのが最後、なんじゃーこりゃ!!! プラントの絶叫すげー!!! ペイジのソロすげー!!! ていうか音良いな!!! 日本公演なのこれ!?  この音源欲しい!!! と思い、探し回る羽目に。

そこから数年、財布は常に苦しかったです。笑

続きはこちら>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。