スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[タグ未指定]

Levon & The Hawks/Port Dover 1964/1964年7月12日ポート・ドーヴァー 

hawks_port_f_201411081432402a3.jpg

リヴォン・アンド・ザ・ホークスのレアなライブ音源。


ザ・バンドがホークスとしてボブ・ディランのバックにつき、一躍有名になったことは有名な話。しかしそれ以前、カナダを活躍の地に選んだアメリカ、アーカンソー州出身のシンガー、ロニー・ホーキンスのバンドとしてカナダ中を転々としていた頃のことはそれほど知られてはいないのではないでしょうか。

その後独立したグループとして、自分たちだけの力でやっていくことを望んでいたグループはロニー・ホーキンスと別れ、年長者のリヴォン・ヘルムをリーダーにリヴォン・アンド・ザ・ホークスとして活動。しかし望みをかけたニューヨークでの契約に失敗し、再びクラブなどドサ周りを続けていました。

リヴォンの伝記によると、カナダはオンタリオ州、エリー湖のほとりに位置するポート・ドーヴァーの「ポップ・アイヴィーズ」では毎週日曜の夜に250ドルのギャラで演奏していたとのこと。そんな当時の、若いメンバーたちの迸る熱気が伝わってくる演奏の録音が残されています。しかも音質には難ありですが、何とサウンドボード録音。

毎曲間だけでなく曲中のカットや音質の劣化が激しい音源で、お世辞にも音質が良いとは言えませんが、ロック史上重要な位置を占めるバンドの歴史的音源として、一聴の価値あり。


レイ・チャールズチャック・ベリージェイムズ・ブラウンなどのカバーにロニー・ホーキンス時代のレパートリーも加えた、ブルース、R&B、ロックンロール、ソウルなどを極めた演奏を聴かせてくれます。

続きはこちら>>
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。