スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
[タグ未指定]

The Band/"Palladium New York 9-18-76 WBCN Broadcast"/1976年9月18日ニューヨーク公演 

91176palladium.jpg


以前こちらで書いた音源の元のソースを入手したので紹介します。

1976年9月18日、ニューヨークのアカデミー・オブ・ミュージック(Academy Of Music)がパレイディアム(Palladium)として改修後、初公演をザ・バンドが担うことになり、その公演は複数のラジオ局で放送されたようです。

その放送を録音した音源が"Take A Load For Free"の元となっていましたが、Acadian Driftwood、Forbidden Fruit、Life Is A Carnivalの3曲にテープチェンジの為か、カット/リピートがあったのが難点でした。

しかし先日DIME上でWNEW、WBCNの2つのラジオ局で放送された音源を発見


アップローダーの説明によると、どちらもラジオから直に録音したエアチェック音源のようです。DIMEの運営方針上、オフィシャルでリリースされたトラックはアップ出来ないのでどちらの音源もForbidden Fruitを収録していません(公式リリース、The Band: A Musical Historyボックスに収録)。

しかしどちらの音源も曲中のカットがなくなっている!!これには感動しました。

聴いてみた感じ、WNEW版の音質は"Take A Load For Free"とあまり変わらない印象。同盤にカットやリピートがなかったら同じソースだと思うでしょう。

注目はWBCN版。音質はWNEW版、"Take A Load For Free"を遥かに凌駕します。全然違う。
高音部がハッキリしていて全体的にシャープな印象を受けます。

あまりに音質が異なるのでイコライジングなどで加工したものではないかと疑いたくなりましたが、アップローダーによる説明では録音する際、リールに細工を施すことで良い録音が出来るようになった、と書かれていました。
どのような手法を使ったのかはわかりませんが、とにかく音が良い!

以下、それぞれの音源の特徴です。

WNEW版、WBCN版共通の特徴

・曲中にあったカットがない(Acadian Driftwood, Life Is A Carnivalがカット/リピートなしで聴ける!)
・アップされているDIMEの方針上(オフィシャルでリリースされた音源はSBD、AUDに関わらずアップしてはならない)、Forbidden Fruitが含まれていない


WBCN版特有のもの

・ラジオのDJトークも収録。曲間のMCが当時のラジオを聞いている気分にさせてくれます。
・音が良い。元々中低音寄りだった音質の高音部がシャキッとしたことでバランス良く。

DJが話している内容に耳を傾けてみると、パレイディアムはロック・コンサート会場としては珍しくステージにカーテンがかかっていることを知れたり、会場にいる3,500人の観客が総立ちでザ・バンドのアンコールを迎えていることが分かったり、ハワード・ジョンソン・ホーン・セクションはこのコンサートの後、ジェームズ・テイラーと共にサタデー・ナイト・ライブの収録があるから市内にあるNBCスタジオに行くという話が聞けたり、色々興味深い。

DJのトークってコンサートの流れだけを追いたい人には嫌われることもあるようですが、その場で何が起こっているか実況してくれたり、関連する情報を流したりするので、当時の雰囲気を味わうだけでなく貴重な情報源となってくれると思います。


演奏については以前の記事で書いたので省きますが、聴きどころだけ挙げると・・・

・ハワード・ジョンソン・ホーン・セクションが管弦楽隊で参加。
・Twilight、Forbidden Fruit(こちらのラジオ音源では未収録)Acadian Driftwoodがサウンドボード音源で聴ける!
・ポール・バターフィールドがLife Is A Carnivalに参加。

この辺りでしょうか。ザ・バンド後期のサウンドボード音源の中ではWolfgang's Vaultで聴けるワシントンDC公演と比べて音質がパリッとしなかったり、レアなセットリストにも関わらず肝心な曲でカットがあるなど、内容が良いだけに残念な部分がありましたが、こちらの音源の登場により間違いなく必聴になりましたね。いつかオフィシャルリリースされないかな・・・



WNEW版

the band
palladium nyc sept 18 1976
wnew simulcast
offending track "forbidden fruit" to comply with DIME

robbie robertson
rick danko
garth hudson
levon helm
richard manuel
howard johnson
charlie keagle
tom malone
jerry hey

79:32

01.dj intro 1:17
02.ophelia 3:50
03.shape i'm in 4:17
04.it makes no difference 7:18
05.the weight 5:18
06.king harvest 3:59
07.twilight 3:52
08.night they drove ol dixie down 4:52
09.across the great divide 2:59
10.stagefright 4:45
11.acadian driftwood 7:06
12.the genetic method 4:20
13.chest fever 5:01
14.wheels on fire 4:35
15.dont do it 5:03
16.dj chatter 1:26
17.up on cripple creek 5:05
18.lifes a carnival 4:17
19.ws wolcott medicine show 3:32

fm master





WBCN版


The Band w/ Howard Johnson Horns
Palladium, New York (Opening Night of the Palladium formally the 'Academy of Music')
9-18-76
WBCN-FM Broadcast (also on WNEW & WHCN)

Lineage:

Master 'off air' FM Reel [Maxell UD35-180 10 1/2" reel (Revox B-77) 7 1/2ips 1/4 track] --> Tascam CD-RW2000 --> EAC --> CDWAV --> FLAC


Disc 1

01. Announcers Intro
02. MC Introduction
03. Ophelia
04. The Shape I'm In / WBCN ID
05. It Makes No Difference
06. The Weight / WBCN ID
07. King Harvest (Has Surely Come)
08. The Twilight
09. The Night They Drove Old Dixie Down
10. Across The Great Divide
11. Stage Fright / WBCN ID
12. Forbidden Fruit ****(deleted Offically Released)

Disc 2

01. Acadian Driftwood
02. The Genetic Method
03. Chest Fever / WBCN ID
04. This Wheel's On Fire
05. Don't Do It
06. DJ Announcement

Encore
07. DJ Announcement
08. Up On Cripple Creek
09. Life Is A Carnival w/ Paul Butterfield
10. DJ Announcement / Cut (10 1/2" Reel Flip)
11. The WS Wallcott's Medicine Show
12. DJ Announcement





318877228_8d5c09b2d3.jpg




関連記事
スポンサーサイト

楽しい!

YoutubeでThe Bandのブート音源を聴きながら読ませてもらってます。
The Bandの大ファンなので、深い考察がとても楽しく興味深いです。
ありがとうございます!


[2014/09/04 23:16] aki [ 編集 ]

Re: 楽しい!

akiさん、


こんばんは、管理人のTMです。

コメントありがとうございます!そういって頂けると嬉しいです。

ザ・バンド良いですよね〜。
去年か一昨年あたりからマイブームが来て以来、未だに去っていません。笑

今後も予定している記事はあるのでどうかお楽しみに〜(壊滅的に遅いペースですが。汗)。




[2014/09/04 23:58] TM [ 編集 ]

自分も

20歳で強烈にザ・バンドにハマって以来、9年ハマってます。

たいていのアーティストは、マイブームが来ても

悲しいかな数年である程度熱が冷めるのですが、

ザ・バンドには飽きる気が全くしません。

それだけ良質で深い音楽ということなんですかね。

また記事書いてくださいねー!





[2014/09/05 18:00] aki [ 編集 ]

Re: 自分も

akiさん、

9年!それはすごい!
自分はまだまだです。笑

私は1度ブームが来ると数年程強烈にハマって、一旦落ち着くんですがまたその内ブームが再燃するサイクルがあるみたいです。


ザ・バンドは現在第二次ブーム中。
長く味わっていたいですねー。

記事頑張ります。笑
[2014/09/05 23:31] TM [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bootblueszepp.blog.fc2.com/tb.php/48-7fe00d4b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。